Lim Phone Sleeve 6 Nebbia

iPhone 6の美しい質感を味わう愉しみ。


美しいフォルムと滑らかな質感のiPhone 6は、本来なら何も覆わずにそのまま使いたいところですが、傷や埃、さらには落下などのアクシデントを想定するとそうもいきません。上質な革で薄くコンパクトに仕上げた専用スリーブなら保護性も十分。着信時や音楽を聴いている時はそのままヘッドフォン側で切り替えや音量調整などが淀みなくでき、アプリなどの操作時はさっと引き出し掌とiPhoneとの間に挟んでおけます。

 

有機的な形状のLim Phone Sleeve 6は革を二つ折りにして縫い合わせただけのような簡素で必要最小限の構造ですが、歴代のiPhoneに寄り添い薄くなめらかになってきました。


快適な操作性を優先した必然のかたち。

 

iPhone本体側面のマナーモードスイッチの配置に合わせ、スリーブに入れた状態でこの操作がきちんとできる独自の形状。下部の開口部はぴったりフィットするiPhoneを下から押し上げ、スムーズな取り出しをサポートするとともに、隙間からはクリアな着信音も響きます。これらはいずれも理にかなったディティールであり、本体をしっかり保護しつつ操作性を優先した必然のかたちです。


音楽を聴く時は上下逆向きがお勧め。

 

iPhone 6はヘッドフォンジャックが下部にあるため通常の方向でLim Phone Sleeve 6に入れるとケーブルの取り回しには難があります。そこで、音楽を聴く際はあえてiPhoneを上下逆向きに入れることをお薦めします。最もシンプルな方法ですが、マナーモードスイッチはヘッドフォンプラグを挿す事で機能し、着信通話の切り替えや音量調整はヘッドフォン側でと、操作性も良好です。


独自の手法でより薄く、しなやかに。


Lim Phone Sleeveでは限りなくコンパクトなデザインを旨としていますが、一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこで革を0.5~0.7mmの薄さに漉き、表裏で配色になるよう貼り合わせた後にしっかり圧着するベタ貼りと呼ばれる手法を選択しました。外側にはナッパネビアのラフさを生かしつつ、内側には肌理が細かくなめらかな質感が特徴のイタリア産のベビーカーフを貼り合わせることで、革自体に弾力性をもたせ薄くしなやかに仕上げています。



厳選した革、ナッパネビアは

霧が晴れるよう少しずつ擦れて

本来の色艶が表れてきます。

 

本製品はイタリアのトスカーナ地方で古来から伝わるバケッタ製法でなめし、天然素材のワックスを擦り込んだナッパネビア(ネビアはイタリア語で霧の意味。)という革を使用しています。このワックス成分は自然なシボ感が特徴である革の表面に白く霧のように覆っていますが、少しずつ擦れて革本来の色艶が表れてきます。革の色や表面のシボの具合、覆ってるワックスの表情などはそれぞれ違いがあり同じものはありません。


カラー表記について

ナッパネビアのカラー表記はイタリア語の洒落た名称なのですが、少し解りづらいので追記します。

右側の濃くなっている部分が使用することで色艶が増したイメージです。


Olmo:オルモ(イタリア語で楡の木)粉の吹いた干し柿や杏のくすんだような色。

Castagno:カスターニョ(イタリア語で栗)まさしく表皮を剥いた栗の渋皮。

Ortensia:オルテンシア(イタリア語で紫陽花)霧の中に咲く紫陽花の雰囲気。

Nero:ネロ(イタリア語で黒)単なる黒というより墨や岩のような印象。


Lim Phone Sleeve 6 Nebbia

 

本体価格:7,900円(税込 8,532円)

対応機種:iPhone 6 / 6s

素 材 :牛革: Nappa Nebbia

     イタリア産バケッタレザー

カラー :Olmo、Castagno、

     Ortensia、Nero

サイズ :H.146 x W.76 x D.10mm

重 さ :約20g( 個体差があります)

制 作 :リシンク( 日本製)

 

Lim Phone Sleeveの 6s/6s Plus対応について

 

同仕様で素材違いのステアボーデットバージョンもあります。詳細はこちら

本製品はiPhone 6/6s専用です。iPhone 6/6s Plusバージョンはこちら