ナッパネビアという霧のかかった革

 

しばらく前に革問屋さんの倉庫で見せてもらってから気になっていた
Nappa Nebbiaという革を使ったシリーズを展開します。
まず最初は Lim Phone Sleeve Nebbia から。
初回生産分は少量ですが 本日より販売開始です。

 
ナッパネビアとはイタリア、トスカーナ地方で古来から伝わるバケッタ製法でなめし、天然素材のワックスを擦り込んだ加工を施したものです。このワックス成分は自然なシボ感が特徴である革の表面に白く霧のように覆っていますが、少しずつ擦れて革本来の色艶が表れてきます。革の色や表面のシボの具合、覆ってるワックスの表情などはそれぞれ違いがあり同じものはありません。
 

ナッパの由来は、本来は手袋や衣料に使われる羊や山羊の銀付き革のことを指すナッパレザーからですが、現在ではこれらにに似せた柔らかい牛革を指す場合が多くなっているようです。ネビアとはイタリア語で霧の意味ですが、倉庫に眠っていた白くカビの生えた革を発見した時に、霧がかかった革のイメージが湧いたとのことです。

そんな訳で使い込むにしたがい覆っていた白い霧が晴れてくるのが愉しみな革です。

 
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。