Lim Pen Sheath Duo Nappa Nebbia

Lim Pen Sheath Duo | Nappa Nebbia

 

愛用の筆記具をコンパクトに携帯できる

独自構造による2本挿しペンシース。

手にすると心地よく感じる

理にかなった必然のかたち

 

Lim Pen Sheath Duoは上着の胸ポケットやバッグの隙間にすっと差し込める薄く小振りな大きさ。一般的な並列の2本挿しペンシースは収納する中身に対して必要以上に大きくなりがちですが、独自のZ構造による仕切りを採用することで横幅を最小限に抑え、2本の筆記具を干渉させずに保護します。こうして余分な要素を抑えた簡素な姿はいたって普通ですが、理にかなった必然のかたちです。


仕切り形状と素材の特性で適度な

フィット感とスムーズな抜き差し

 

収納時はクリップを挟まず、仕切りの形状と素材の特性による適度な内圧でフィット感を保ちます。出し入れの際は本体を左右から押しつまむことで内圧を緩めペンの抜き差しをスムーズにします。これで「クリップのついていないペン」や「クリップに負担をかけたくない」といった声にもお応えできました。仕切り上部はペンを抜き差しがしやすい形状にし、隠れている内部は側面に固定されずに収納するそれぞれのペンの太さの違いに応じて可変する仕様です。


収納できる筆記具のサイズ

 

収納できる筆記具は軸径が15mm、長さが145mmくらいまでが目安です。サンプル画像はラミー2000シリーズですが、万年筆ならペリカンスーベレーン800やモンブラン146などの中型クラスまでを2本揃えて挿せます。

 

●ペリカンスーベレーン1000やモンブラン149などの軸径の太く長いペンには対応していません。


独自の手法でより薄くしなやかに…。
 
一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこで部位によって革を0.5~0.7mmまで薄く漉き分け、表裏で配色になるよう貼り合わせた後にしっかり圧着するベタ貼りと呼ばれる手法を選択しました。外側のナッパネビアのラフさとは対照的で、きめが細かくなめらかな質感が特徴のヌメ革を内側に貼り合わせることで、革自体に弾力性をもたせ薄くしなやかに仕上げています。

 


NAPPA NEBBIA
厳選した素材、ナッパネビア。

本製品はイタリアのトスカーナ地方で古来から伝わるバケッタ製法でなめし、天然素材のワックスを擦り込んだナッパネビア(ネビアはイタリア語で霧の意味。) という革を使用しています。このワックス成分は自然なシボ感が特徴である革の表面に白く霧のように覆っていますが、少しずつ擦れて革本来の色艶が表れてき ます。革の色や表面のシボの具合、覆ってるワックスの表情などはそれぞれ違いがあり同じものはありません。

カラー表記について

ナッパネビアのカラー表記はイタリア語の洒落た名称なのですが、少し解りづらいので追記します。

 

Castagno:カスターニョ(イタリア語で栗)

まさしく表皮を剥いた栗の渋皮。

Ortensia:オルテンシア(イタリア語で紫陽花)

霧の中に咲く紫陽花の雰囲気。

Nero:ネロ(イタリア語で黒)

単なる黒というより墨や岩のような印象。


Lim Pen Sheath Duo Nebbia

 

本体価格:12,800円(税込 13,824円)

素 材 :牛革: Nappa Nebbia

     イタリア産バケッタレザー

カラー :Castagno、Ortensia、Nero

サイズ :H.160 x W.60 x D.8mm


重 さ :約 25g


制 作 :リシンク( 日本製)