小さなしずく型のフォルムに

挟む機能をプラス。

 

毎日欠かさず持ち歩く自宅や会社の鍵。クリップオン コインホルダーは日常生活に不可欠なこれらのアイテムに500円硬貨2枚をスマートに収納できる機能をプラスしたキーリングです。掌で握るとすっぽり隠れるほど小さく、なめらかな雫型の形状。その内側にあるスリットにコインを素早く出し入れでき、不意に飛び出す事のない仕様などすべて500円硬貨に最適化させました。外観は良く見かけるスタイルですが、こんな隠れた部分のちょっとしたプラスアルファが日常生活をアシストします。

 

出来るだけ身軽になりたいジョギングやふらりと散歩に出掛けたい時など、わざわざ大きな財布を持ち歩かなくても、クリップオン コインホルダーに必要最小限のコインを忍ばせておけば、カフェで休憩したり自動販売機を利用したりと、思いがけない時に役立ちます。 また、外出時に財布を忘れた時などの緊急用としても…。

 

 


Euro Kip Leather

植物タンニンでじっくり鞣され、
味わい深い染料仕上げの本ヌメ革


本製品は使うにしたがい手によく馴染み、愛着が増すユーロキップレザーを使用しています。生後6ヶ月から2年くらいまでの子牛と成牛の中間にあたるキップレザーは、繊細な質感と強度を兼ね備え、薄くしなやかさを旨とする革小物などに最適な素材です。その工程はヨーロッパ産の肌理の細かな原皮と南アフリカ産のミモザから抽出されたタンニンをベースに、国内有数のピット槽の設備を持つ姫路のタンナーにてじっくりと鞣された本ヌメ革です。堅牢度が高く型崩れしにくい特性と染料仕上げならではの透明感のある表情。これらに見られる色の濃淡や斑、筋やシワの痕など、あえて顔料などで隠さず素材の持ち味として活かしています。

リシンクのオリジナル色で染められたLake BlueやStorm Grayなど、時と共に豊かな色艶の変化が楽しめます。一般的にヌメ革が生成りから飴色になるようにLake Blueはより深く艶やかに、Storm Grayはグレー系からセピア色にと、それぞれ独自の経年熟成をしていきます。これらはヌメ革と染料仕上げならではの自然作用であり、表面を塗布する顔料仕上げでは味わえません。

 

この素材を極薄に漉き表裏を貼り合わせる「ベタ貼り」という手法により、しなやかで繊細な美しさと適度な弾力性が生まれました。また、耐久性があり輝きが持続するステンレス製のキーリングの採用など、素材の質感や加工法はいずれも十分に吟味しました。

 


Clipon Coin Holder

Euro Kip Leather

 

本体価格:4,500円(税込 4,860円)

素 材 :牛革(ユーロキップレザー)
カラー :Lake Blue (Dark Brown)

     Brown (Natural)
     Storm Gray (Black)
     (カッコ内:内側カラー)

     ステンレス製ダブルリング、スナップ

サイズ :H.68mm x W.38mm x D.9mm

重 さ :約11g

デザイン:リシンク

製 作 :日本製

 

All Aboutのガイド 納富廉邦氏による「男のこだわりグッズ」で"+αの機能を秘めたキーリング&ストラップ"としてCliponシリーズが紹介されました。(記事中のストラップタイプは販売終了しています)All About 男のこだわりグッズ


製品のご購入はこちら:rethink store