iPhone の美しい質感を味わう愉しみ。

 

ガラスとメタルフレームによる滑らかな質感と美しいフォルムのiPhoneは、本来なら何も覆わずにそのまま使いたいところですが、傷や埃、さらには落下などのアクシデントを想定するとそうもいきません。専用スリーブとして上質な革で薄くコンパクトに仕上げたLim Phone Sleeveなら保護性も十分です。

 

有機的なラウンドタイプの形状は、革を二つ折りにして縫い合わせただけのような簡素で必要最小限の構造ですが、歴代のiPhoneに寄り添い最適化されてきました。着信時や音楽を聴いている時はそのままヘッドフォン側で切り替えや音量調整などが淀みなくでき、アプリなどの操作時はさっと引き出しiPhoneの間に挟んでおけます。

 


快適な操作性を優先した必然のかたち。

 

iPhone本体側面のマナーモードスイッチの配置に合わせ、スリーブに入れた状態でこの操作がきちんとできる独自の形状。下部の開口部はぴったりフィットするiPhoneを下から押し上げ、スムーズな取り出しをサポートするとともに、隙間からはクリアな着信音も響きます。これらはいずれも理にかなったディティールであり、本体をしっかり保護しつつ操作性を優先した必然のかたちです。

 

 

音楽を聴く時は、上下逆向きで使用。

 

iPhoneはヘッドフォンジャックを兼ねた電源用のLightningコネクタが下部にあり、通常の向きでLim Phone Sleeveに入れると使用できません。そこで、音楽を聴く際は上下逆向きで使用します。音量調整や着信通話の切り替えはヘッドフォン側で行うシンプルな方法ですが操作性も良好です。また、AirPodsなどのワイヤレスイヤフォンとの併用も快適でおすすめです。


独自の手法でより薄く、しなやかに。

 

Lim Phone Sleeveは限りなくコンパクトなデザインを旨としていますが、一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこで革を0.5~0.6mmの薄さに漉き、表裏で配色になるよう貼り合わせた後にしっかり圧着するベタ貼りと呼ばれる手法を選択しました。

表側はRugato Shoulderの濃淡のある艶やかな美しさを、裏側は肌理が細かくなめらかな質感が特徴のヌメ革を貼り合わせることで、革自体に弾力性をもたせ、より薄くしなやかに仕上げています。

 


銀面の濃淡が美しい景色となる、

Rugato Shoulder

 

ルガトショルダーはベルギーのTannerie Masureによるステアショルダー革です。ヨーロッパ産のステア(生後2年以上の雄の成牛)ショルダー(肩から背上部)の原皮をベースにミモザ、栗などの植物タンニンによる伝統的製法でじっくりと鞣され、張りのある銀面は繊維密度が高く肉厚で丈夫な革質です。透明感の高い染料仕上げに加え、水性の光沢加工を施すことで、特徴であるショルダー部位特有のトラ模様(首や肩周辺のシワ痕)や色ムラの濃淡が美しい景色となり、天然素材ならでは表情が愉しめます。

 


革の表情や色の濃淡やムラなど、それぞれ違いがあり同じものはほとんどありません。これらは天然素材の持ち味としてご理解下さい。

 

Lim Phone Sleeve Rugato 仕様

 

本体価格:8,500円(税込 9,350円)

対応機種:iPhone 12 / 12 Pro / 12mini

素 材 :牛革: Rugato Shoulder

     ベルギー産 Tannerie Masure
カラー :Graphite (Black)

     (カッコ内:内側カラー)

サイズ :iPhone 12 mini/12/12 Pro

     に最適化された2サイズ展開です。

     【iPhone 12 mini 対応】
     H.141mm x W.76mm x D.10mm


     重さ 約20g( 個体差があります)

     【iPhone 12 / 12 Pro 対応】

     H.156mm x W.83mm x D.10mm


     重さ 約23g( 個体差があります)


意匠製作:リシンク
 日本製

 

 

素材違いのNebbiaバージョンはこちら、Havanaバージョンはこちら

 

製品のご購入はこちら:rethink store